リーダーシップの歴史

リーダーシップの歴史

リーダーシップも学問として研究されていて

いろんな研究や理論が提唱されています

その一部を紹介します

☆リーダーシップ資質論


研究が始まったのは20世紀初め、F.W.テーラーという人だそうです


初期の理論は、リーダーに求められる資質や能力を論じていたそうです。

例えば、熱意、公正さ、愛情や思いやり等。


また後天的に獲得できるものとして

・体力
・技術
・知覚
・知識
・記憶
・想像力


もって生まれた才能(先天的)なものは

・決断力 
・耐久力
・勇気


(訓練で得られるような気もする)




上記のようにあまり明確に分類されず、

批判され消えていったそうです




☆リーダーシップ行動類型論



次にこの理論は戦後から70年代くらい、文字通りリーダーの「行動」についての分類をした


「システム4理論」
「PM理論」等


☆リーダーシップ状況適応論




これはリーダーシップはいろいろ分類できるが、どれが一番よいのかは状況によって決まるとした理論






リーダーシップにもこんなのがあるという程度で覚えておけばよいです

関連ページ

ソクラテス法
文字通り、
ソクラテス法
とはソクラテスさんの指導方法です。

産婆術とも言われます。
会社組織を分析
会社組織を分析にはさまざまあります。トップダウンですべて軍隊のような会社もあります。知ると見えてくるものがあります
SWOT分析
SWOT分析について考えてみましょう。S・W・O・Tはそれぞれ頭文字になっています
マネジメントサイクル
マネジメント・サイクルは 一般的には「管理循環」と訳されます。でもちがう意味で使われるようですよ
組織の硬直化
組織は硬直化すると腐ってゆきます。硬直化するまえに手を打つことが大切です。いったん硬直すると直すのが難しくなります
70歳定年基準
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
リーダーシップの意味は?
リーダーシップの意味はさまざまあります。統率力、(大会社の中間管理職など)指導力、影響力と分けて考えます
ダラリの原則
ダラリの原則とは、ムダ、ムラ、ムリのこと。会社での損失はこのどこかが原因だと思います
原理・原則と規則
「原理」とは、物事の根本の理屈です。 「原則」は物事に関する根本の規則のこと。 ほぼ、同じように扱われていますが違いがありそうです
中小企業退職金共済
中小企業退職金共済は略称では「・中退共」。 半世紀で100万社以上の中小企業が利用する国の退職金制度です。利用価値がいっぱいあります
プル戦略とプッシュ戦略
プル戦略とプッシュ戦略は相反する戦略で、普段私たちが何気なく使っています。
日本型雇用の三種の神器
終身雇用制、 年功序列制、 企業別労働組合という日本型雇用は現在は崩れつつあります。家族型雇用から、個人型雇用へと移行中です
株式会社の特徴
4つに分類される「会社」の中でも、もっとも信用力が高いのが株式会社です。その特徴はどうでしょうか?
PPM理論
ボストン・コンサルティング・グループという、 アメリカのコンサルタント会社が開発した理論のことを言います・特徴はどうでしょうか?
ジョブ・ローテーション法
ジョブ・ローテーション法はゼネラリスト養成のための方法です。一通り、現場を体験していると上司になった時才能を発揮するかも?
飲みニュケーションの必要性
飲みニュケーションのメリットは何でしょうか?コミュニケーションは飲まなくても、たばこを吸わなくても取れますよ。勘違いはやめましょう
フラット型組織
ピラミッド型組織とは反対の言葉。 日本企業はピラミッド型組織を維持して族的経営を推進して成功してきました。 しかし、外部環境が激変し階層が多いピラミッド型組織だけでは十分な経営ができなくなり注目された組織です
ハチロク新入社員をこう分析する
今の新入社員を1986年生まれというところから

「ハチロク世代」というらしい。コンピューター世代