上乗せの退職金

上乗せの退職金

企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、

定年までの支払う人件費を低く抑えることが出来ること、

従業員の若返りによる年功賃金の抑制や社内リフレッシュを目的としていますが、


この上乗せ退職金の「お誘い」に乗ったほうがよいのでしょうか?
退職金規定以外の特別措置として、上乗せがあります


ここで乗るかどうかは自分次第ですが、

基準は、会社に雇われたいと願うのであれば、そのまま定年までいればよい


まだまだ、若い者には負けない自信のある方は、退職せよ。こんないい機会はないぞ



こういうケースでは、たいていは実力のある、残ってほしい社員が出て行ってしまい、


辞めさせたい社員が残るというのが多いです

関連ページ

退職時の書類
退職するときに必要なものを挙げてみました。1つでも足りないと後が面倒なのですみやかに気持ちよく退職できるように全て返却しましょう
会社の形態を知ろう
会社の形態にはさまざまあります。ひとつひとつ見てゆきましょう
「退職届」の出すタイミングを探る
退職届の提出はいつがよいのでしょか?法律的には2週間前らしいのですが、 通常辞めたいラストデーの1ヶ月前には退職届を出すのが常識です。でもすんなりいかないのですよね。
退職の時の挨拶
退職の時の挨拶は決めたいのもです。会社批判は避けましょう。みんなが暖かい拍手をしたくなるようなスピーチがいいですね。涙もほしいくらいです
退職後の確定申告
退職後の確定申告は、退職後すぐに就業すればその会社で行ってもらえますが、年度をまたがって就職したときや起業独立したときは注意が必要です
退職時に返却するもの
退職時に返却するものとして代表的なものを挙げてみました
会社が危ない兆候
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
会社を辞める部下の兆候
会社を辞める部下のサインを身をとさないことが上司や社長は重要です。どこまでわかっているのかな?
退職金の所得
退職金の所得は減税されることがあるのでしょうか?調べてみました。