退職時に返却するもの

退職時に返却するもの

退職する時は、できれば円満退職をしたいものです>
これが女性であれば寿退社なんてものがあったけど、

辞める人を歓迎しない節もある。それは・・・
退職時の

一般的に返却するもの

・徽章(会社バッジ)
・就業規則(その他マニュアルの類)
・社内組織図(または内線等の連絡先)
・社員名簿(社員の個人情報)
・顧客リスト(社外の個人情報)

その他、社外秘の機密文書

そして「誓約書」の提出を求められることが多い。

転職する場合、特に同業他社(普通はこれ)その会社のノウハウをそのまま持っていくようなものです

いやならつなぎ止めよ!
それが出来ない原因があるから辞めてしまうのではないでしょうか?

関連ページ

退職時の書類
退職するときに必要なものを挙げてみました。1つでも足りないと後が面倒なのですみやかに気持ちよく退職できるように全て返却しましょう
会社の形態を知ろう
会社の形態にはさまざまあります。ひとつひとつ見てゆきましょう
「退職届」の出すタイミングを探る
退職届の提出はいつがよいのでしょか?法律的には2週間前らしいのですが、 通常辞めたいラストデーの1ヶ月前には退職届を出すのが常識です。でもすんなりいかないのですよね。
退職の時の挨拶
退職の時の挨拶は決めたいのもです。会社批判は避けましょう。みんなが暖かい拍手をしたくなるようなスピーチがいいですね。涙もほしいくらいです
退職後の確定申告
退職後の確定申告は、退職後すぐに就業すればその会社で行ってもらえますが、年度をまたがって就職したときや起業独立したときは注意が必要です
会社が危ない兆候
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
上乗せの退職金
企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、人件費削減です。上乗せしても早く出て行ってほしいが本音です
会社を辞める部下の兆候
会社を辞める部下のサインを身をとさないことが上司や社長は重要です。どこまでわかっているのかな?
退職金の所得
退職金の所得は減税されることがあるのでしょうか?調べてみました。