会社が危ない兆候

会社が危ない兆候

これは先々起業をしてからわかることですが、会社が倒産してしまうようなことはわかっておいたほうがよい サインを見逃さないよいです。。

すべてよく考えると納得できます
・社長の行動がおかしい

→これがすべてかも??

・社員の応対が悪くなる

→十分な待遇をなされていない
 やりたいことを認めてくれない

・重要・古参幹部が辞める

最後まで社長と力を合わせて行くべき人が辞めるということは・・・

→もうサジを投げられたも同然

・見知らぬ人が会社に頻繁に来る

→催促の企業か?または経理にかかわる人であれば間違いなくやばい…
 よく考えても経営コンサルタントくらいしか思い出せない



関連ページ

退職時の書類
退職するときに必要なものを挙げてみました。1つでも足りないと後が面倒なのですみやかに気持ちよく退職できるように全て返却しましょう
会社の形態を知ろう
会社の形態にはさまざまあります。ひとつひとつ見てゆきましょう
「退職届」の出すタイミングを探る
退職届の提出はいつがよいのでしょか?法律的には2週間前らしいのですが、 通常辞めたいラストデーの1ヶ月前には退職届を出すのが常識です。でもすんなりいかないのですよね。
退職の時の挨拶
退職の時の挨拶は決めたいのもです。会社批判は避けましょう。みんなが暖かい拍手をしたくなるようなスピーチがいいですね。涙もほしいくらいです
退職後の確定申告
退職後の確定申告は、退職後すぐに就業すればその会社で行ってもらえますが、年度をまたがって就職したときや起業独立したときは注意が必要です
退職時に返却するもの
退職時に返却するものとして代表的なものを挙げてみました
上乗せの退職金
企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、人件費削減です。上乗せしても早く出て行ってほしいが本音です
会社を辞める部下の兆候
会社を辞める部下のサインを身をとさないことが上司や社長は重要です。どこまでわかっているのかな?
退職金の所得
退職金の所得は減税されることがあるのでしょうか?調べてみました。