退職時の書類

退職時の書類

退職が決まった後、会社からもらう書類の代表的なものです
 今後の処理で必要になるものばかりです。

書類一式 事後の処理
源泉徴収票 確定申告
雇用保険被保険者証 失業給付
離職票 失業給付
健康保険被保険者資格喪失証明書 国民健康保険
年金手帳 国民年金
「源泉徴収票」 

会社を辞めた年に再就職していれば、会社がやってくれますが
そうでない場合は確定申告をしましょう。


「失業保険の受取」

  退職後はすぐにハローワークへ行きましょう。
   受給は自己都合の場合は失業認定を受けてから3ヶ月もかかります



「国民健康保険に加入」

退職後14 日以内に、市役所にて



「国民年金」

国民年金の届出は、退職の翌日から30 日以内に市役所にて

必要書類:年金手帳、印鑑


関連ページ

会社の形態を知ろう
会社の形態にはさまざまあります。ひとつひとつ見てゆきましょう
「退職届」の出すタイミングを探る
退職届の提出はいつがよいのでしょか?法律的には2週間前らしいのですが、 通常辞めたいラストデーの1ヶ月前には退職届を出すのが常識です。でもすんなりいかないのですよね。
退職の時の挨拶
退職の時の挨拶は決めたいのもです。会社批判は避けましょう。みんなが暖かい拍手をしたくなるようなスピーチがいいですね。涙もほしいくらいです
退職後の確定申告
退職後の確定申告は、退職後すぐに就業すればその会社で行ってもらえますが、年度をまたがって就職したときや起業独立したときは注意が必要です
退職時に返却するもの
退職時に返却するものとして代表的なものを挙げてみました
会社が危ない兆候
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
上乗せの退職金
企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、人件費削減です。上乗せしても早く出て行ってほしいが本音です
会社を辞める部下の兆候
会社を辞める部下のサインを身をとさないことが上司や社長は重要です。どこまでわかっているのかな?
退職金の所得
退職金の所得は減税されることがあるのでしょうか?調べてみました。