「退職届」の出すタイミングを探る

「退職届」の出すタイミングを探る

法律的には2週間前らしいのですが、
通常辞めたいラストデーの1ヶ月前には退職届を出すのが常識です。

しかし届けを出すまでの煩わしい?
交渉ゴトや引止め工作をされる時間も考えないといけません。
起業・独立ブログランキングへ
まず最初に直属の上司に退職を切り出します。
コミュニケーションが取れているなら、
普段の会話の流れで打診的な話し方でいければGOODです。
ただし、上司との人間関係が原因で辞めるならこんなことも言えないですが…


引き止められることも多いため、毅然とした態度が重要です。
どんな人でも必要だから雇われているのです。
いきなり辞められたら現場は困ります。


辞める原因が金銭的なことであれば、足元をみて来年(来月)から○○円アップするなど
引きとめ交渉が多くあることと思います。

そこで乗ってはいけません。あくまで金銭ではなく違う理由で辞めることの意思を伝えましょう。
一生会社に残るくらいの意思でいたならば、金銭に応じてもかまいません。
ただし、もう2度と通用しないと心得ましょう。

退職届は日付を入れないで持参しながら話しましょう。


こうしてアクションをすることによって
会社が自分という「人材」をどのように考えているか?はっきりします。

関連ページ

退職時の書類
退職するときに必要なものを挙げてみました。1つでも足りないと後が面倒なのですみやかに気持ちよく退職できるように全て返却しましょう
会社の形態を知ろう
会社の形態にはさまざまあります。ひとつひとつ見てゆきましょう
退職の時の挨拶
退職の時の挨拶は決めたいのもです。会社批判は避けましょう。みんなが暖かい拍手をしたくなるようなスピーチがいいですね。涙もほしいくらいです
退職後の確定申告
退職後の確定申告は、退職後すぐに就業すればその会社で行ってもらえますが、年度をまたがって就職したときや起業独立したときは注意が必要です
退職時に返却するもの
退職時に返却するものとして代表的なものを挙げてみました
会社が危ない兆候
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
上乗せの退職金
企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、人件費削減です。上乗せしても早く出て行ってほしいが本音です
会社を辞める部下の兆候
会社を辞める部下のサインを身をとさないことが上司や社長は重要です。どこまでわかっているのかな?
退職金の所得
退職金の所得は減税されることがあるのでしょうか?調べてみました。