ネットワークスペシャリストは「資格」

ネットワークスペシャリストとは「資格」です

ネットワークスペシャリストとはネットワークに関する知識を豊富に所持していることを証明し、

それを余すところなく活用していくことができる資格です。

携わっている仕事に、最も適しているネットワークのシステムを企画したり、開発や運用、保守などを行っていきます
ネットワークという固有技術のスペシャリストとして、ネットワークの資源を管理したり、技術を支援したりしていくのです。

でもこれができるってことはかなりスキルがないとだめ?


ネットワークは、情報システムの基本的な役割を果たしています。

それは、とても大切な役割であり、その重要性は今後ますます増していく傾向にあります。



ネットワークスペシャリストとしての業務を滞りなく遂行するためには、実践能力はもちろんのこと、幅広い知識や経験が要求されるでしょう。

この資格を持っていると、情報システム系やネットワーク関連の企業に就職するのに有利。




さらに実務経験があれば、すぐにでも採用される資格と言っても過言ではありません。

でも、この資格を取得するのは、大変難しいです。とても難易度の高い資格なのです。


ネットワークに関する情報処理試験の中では最難関の資格の1つと言われています。

自分1人で参考書などを使って独学するだけでは、合格するのは難しいかもしれません。


通信講座を受けるとか、情報処理関連のスクールなどで効率よく勉強しないと、

なかなか合格することはできないでしょう。並大抵の努力では取得できない資格です。

関連ページ

ネットワークスペシャリストの試験・受験概要
ネットワークスペシャリストの試験は、毎年10月の第三日曜日に行われています。 受験に資格制限等はありませんので誰でも受験できます