公務員の残業やノルマについて

公務員の仕事は楽だし残業もないはうそ

一般的に公務員の仕事は楽だし残業もないというイメージがあるよね


果たして、それは本当にそうな?でしょうか?


実はこれって間違ったイメージということなのです
公務員の残業やノルマについて書いてみます
確かに、仕事が楽で定時にあがれる業務や職種もある


しかし、すべてがそうではない

> 実際には、官公庁や職種、配属される先によって非常に差があります


例えば、国家公務員1種。霞ヶ関の官僚などがそうです。
明け方まで仕事をすることなんて日常茶飯事


居酒屋タクシーなんてことも問題になってましたがbr>


毎日残業に明け暮れる毎日なので体力がないと務まらない



国立・公立病院などの医師は公務員ですから不眠不休で働いている場合も多々

これは医者という職種だからね


行政サービスに至っては、地域住民色んな人を相手にしますのでかなり気苦労が多いともあります




残業がないというイメージについては
時間になったらきっちり閉める窓口業務がありますからイメージも持たれやすい>



でも、本当は公務員のサービス残業というのもよくある話です



公務員の仕事がかどうか?

残業があるかどうか?


公務員の種類や職種によってかなりの差があるといえるでしょう


ただ、そうはいっても、一部を除いて基本的に営業成績やノルマなどを求められることはなく

リストラされることもないのでそういった意味では気分的に民間より楽というのはあるはずです。

関連ページ

公務員になるには
起業と正反対の公務員がなぜ人気の職種なのか? それは不況に強いからです。 昨今では、すでに社会に出て長年働いている人でも公務員になれば良かったと後悔している人が多いらしいです
公務員になるには
公務員になるためには、どのような段取りと流れがあるのか?公務員試験を受けその試験に合格しないと公務員にはなれませんが、 一般的な流れをご紹介したい
公務員の給料や年収って?
公務員の初任給は? 公務員のお友達に聞くと、安いよ!と返答された。 民間企業に比べると安いイメージがありますが、し、景気に左右されにくい分、 昇給がほぼ確実にありそのうちに民間企業に就職した人を抜かす というイメージもあるかもしれません。実際の公務員の給料や年収ってどのようなものなのでしょうか?
公務員の種類
一口に公務員と言っても、その種類は沢山あるのです。だから、本当にがんばっている職種を引き合いに出して、あたかも全体が頑張っているような言い方をする人も多い
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる 。種類や職種を問わないのであれば高校卒業程度以上であればなれます。 基本的に誰でもなれる可能性はあり 学力は大きな武器になる。
公務員の定年
60歳である公務員の定年を2013年度から段階的に65歳に引き上げる、 25年度に年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられた法改正ありました