公務員の給料や年収って?

公務員の給料や年収って?

公務員の初任給は??

公務員のお友達に聞くと、安いよ!!とたいてい言います


民間企業に比べると安いイメージがありますが、これはよく聞く話です


しかし、景気に左右されにくい分、 昇給がほぼ確実にありそのうちに民間企業に就職した人を抜かす

というイメージもあるかもしれません


それでは、実際の公務員の給料や年収ってどのようなものなのでしょうか?

わかる範囲で書きます。
統計によると、国家公務員の平均年収はおよそ650万円、これだけで多いってわかります

地方公務員の平均年収はおよそ730万円



国家公務員よりも地方公務員の人の平均年収の方が上回っています

これは実務の方がきつい職種があるからだそうです

一般企業に比べるとやや上回っている


> 実際の収入には、公務員の種類や職種によってもかなりの差があるが。



この中でも、国家公務員1種(キャリア)の年収は30歳で600万

40歳課長クラスで1000万


事務次官(官僚トップ)になると、3000万



公務員の初任給は噂通り、とても安い それでも、年齢を重ねるにつれて伸びてく



給料だけ見ると、民間の企業の方が魅力的

昨今の景気状況では公務員といえど昇給率が下がったり

ボーナスが下がったりという煽りを受けています



残業をしても、残業と認めない自治体もあるようです

ただ、それでも、公務員は福利厚生や退職金制度などがとても手厚くしっかりしています


br>
特に産休や育児休暇などは充実しているので

女性にとっては働きやすい可能性が高いでしょう

関連ページ

公務員になるには
起業と正反対の公務員がなぜ人気の職種なのか? それは不況に強いからです。 昨今では、すでに社会に出て長年働いている人でも公務員になれば良かったと後悔している人が多いらしいです
公務員の残業やノルマについて
公務員の仕事は楽だし残業もないというイメージがあるが、 果たして、それは本当でしょうか? 実はこれって間違ったイメージということなのです。
公務員になるには
公務員になるためには、どのような段取りと流れがあるのか?公務員試験を受けその試験に合格しないと公務員にはなれませんが、 一般的な流れをご紹介したい
公務員の種類
一口に公務員と言っても、その種類は沢山あるのです。だから、本当にがんばっている職種を引き合いに出して、あたかも全体が頑張っているような言い方をする人も多い
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる 。種類や職種を問わないのであれば高校卒業程度以上であればなれます。 基本的に誰でもなれる可能性はあり 学力は大きな武器になる。
公務員の定年
60歳である公務員の定年を2013年度から段階的に65歳に引き上げる、 25年度に年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられた法改正ありました