公務員になるには、どのような段取りと流れがあるの?

公務員になるには、どのような段取りと流れがあるの?

公務員になるためには、どのような段取りと流れがあるの?

基本的には、公務員試験を受けその試験に合格しないと公務員にはなれません


一般的な流れをご紹介したい
まずは募集要項を手に入れます

それから、受験の申し込みをします


★一次試験を受ける




一次試験は筆記試験で一般教養や学力の試験を行います

まずはこれに合格しないといけません

br> さらに、点数がとても重要

一次試験に合格後、二次試験を受けます


二次試験は面接





二次試験に合格すれば、公務員への道



合格は、一次試験と二次試験の点数の合計で判定されます



でも、二次試験の面接においては、よほどでない限りあまり差が出ることはありません




そこで肝心なのは、やはり一次試験(筆記試験)の点数になります


より高い点数を取った者が有利となるのです

> ただ、公務員試験に合格したからといって必ずしも採用されるとは限りません




辞退者のことも考えて多めに合格者を出す場合がほとんどです


辞退者が少なかった場合は当然、採用されない人も出てくるでしょう

この場合も、試験で点数の高かった人から採用されます


なので、ギリギリで合格した人は採用から漏れてしまうこともあります・・・


r>
公務員になるための競争倍率や難易度は種類や技術系などの業種によっても違います



不況の近年では競争倍率が100倍を超えることも珍しくない



そんなこんなで、合格したらあとは何もない限り、いい方向に行きますよ… 合格を勝ち取りましょう

関連ページ

公務員になるには
起業と正反対の公務員がなぜ人気の職種なのか? それは不況に強いからです。 昨今では、すでに社会に出て長年働いている人でも公務員になれば良かったと後悔している人が多いらしいです
公務員の残業やノルマについて
公務員の仕事は楽だし残業もないというイメージがあるが、 果たして、それは本当でしょうか? 実はこれって間違ったイメージということなのです。
公務員の給料や年収って?
公務員の初任給は? 公務員のお友達に聞くと、安いよ!と返答された。 民間企業に比べると安いイメージがありますが、し、景気に左右されにくい分、 昇給がほぼ確実にありそのうちに民間企業に就職した人を抜かす というイメージもあるかもしれません。実際の公務員の給料や年収ってどのようなものなのでしょうか?
公務員の種類
一口に公務員と言っても、その種類は沢山あるのです。だから、本当にがんばっている職種を引き合いに出して、あたかも全体が頑張っているような言い方をする人も多い
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる
公務員になるには、学力さえあれば誰でもなれる 。種類や職種を問わないのであれば高校卒業程度以上であればなれます。 基本的に誰でもなれる可能性はあり 学力は大きな武器になる。
公務員の定年
60歳である公務員の定年を2013年度から段階的に65歳に引き上げる、 25年度に年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられた法改正ありました