「販売士」の受験概要

「販売士」の受験概要

「販売士」の受験概要


3級の場合


「小売業の類型」
「マーチャンダイジング」
「ストアオペレーション」
「マーケティング」
「販売・経営管理」



の科目について制限時間150分の試験が行われ平均70%以上で一科目50%以上の得点の取得が合格基準となります

2級では


「小売業の類型」
「マーチャンダイジング」

に関する試験が80分



「ストアオペレーション」
「マーケティング」
「販売・経営管理」

に関する試験が120分です



1級の場合


「小売業の類型」
「マーチャンダイジング」
「ストアオペレーション」
「マーケティング」がそれぞれ100分



「販売・経営管理」が50分で試験が行われ

表現力や説得力、問題意識について試される面接試験もあります




また、2級、3級はマークシート方式ですが1級は記述式です




販売士検定の受検対策としては、「販売士検定試験2級ハンドブック」を購入して独学する方法

商工会議所などが実施している養成講習会を受講する方法

日商指定教育機関が実施している養成通信教育講座を受講する方法の三つです



養成講習会、もしくは、養成通信教育講座を一定の条件を満たして修了すると

直後二回の試験で、「販売・経営管理」科目が免除されます



1級の面接対策は、筆記試験に対する勉強さえしておけばほとんどの人は答えに詰まることはないでしょう



ただ、服装はスーツにしておくのが無難です
人見知りで面接が苦手だという方は面接慣れしておくこと

関連ページ

「販売士」というのはどんな資格か?実用性は?
「販売士」は商工会議所が行っている検定試験で> 「流通業界で唯一の公的資格となっています. デパートや大型スーパーなどの規模の大きな小売店の「フロアマネージャー」や「店長」などに役立つ資格で資格を取るように推奨されています