「販売士」というのはどんな資格か?実用性は?

「販売士」というのはどんな資格か?実用性は?

「販売士」というのは商工会議所が行っている検定試験で

「流通業界で唯一の公的資格」となっています


デパートや大型スーパーなどの規模の大きな小売店の「フロアマネージャー」や「店長」などに役立つ資格
販売士には、3級、2級、1級とあり1級の検定試験では面接も行われます


ただ、真剣に取り組めばそれほど難易度の高い資格ではないです

就職先としては、小売店製造業などの販売業務担当者などがあげられます

販売士の資格を持っていたら就職に有利になるかというとあまり役に立たないというのが実情か?


就職後に会社から販売士の取得を勧められることもありますし資格に対する手当を設けている場合もあるのですが

役に立たない、取得した意味がなかったという意見も多い


5年ごとに更新しなくてはならず、更新に費用がかかってしまうため

取得したけど更新しなかったという人も少なくありません。 ここはデメリットかもしれません

とはいえ、販売士検定試験のために勉強することで販売や流通に関する知識が身に付き

仕事で役立った、職務への理解が深まったという人もいます


販売士の資格を取得していると大学入試で優遇される大学もいくつかあります


販売士の資格は就職に直結する資格ではありませんが流通や販売関係の仕事に就きたいと考えているのなら

取っておいて損はない資格



中小企業診断士の足がかりとして受験する人もいるという資格です。

関連ページ

「販売士」の受験概要
「販売士」の受験概要の詳細です。1級、2級、3球とあります。面接も絡んでくるので要注意です