「手話通訳士」というのはどんなもの?

「手話通訳士」というのはどんなもの?

「手話通訳士」は普段はあまり聞かないかもしれません。



これは手話通訳の公的資格で厚生労働大臣の認定機関である社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが

「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」を実施しています


「手話通訳士」の主な就職先としては聴覚・言語障害者施設や行政機関などの手話通訳職員などがある


また、裁判や政見放送の通訳は手話通訳士の資格保持者でなければできないことになっています
手話講習の講師といった仕事もあるようですが基本的には、嘱託や非常勤職員のような雇用形態

または、ボランティアとして活動することも多いそう

「手話通訳士」の資格は資格取得者のニーズは高いにもかかわらず手話通訳士を専業として生計を立てられる方は

ごく一握りです。大抵の場合は、県庁や市役所の福祉課や福祉関係の民間団体や病院などの職員を本業として

必要があれば手話通訳士としての業務を行うというケースが多いようだ


つまり、手話通訳士の資格を取得したとしてもその資格だけで就職先をみつけるのも

生計を立てるのも、非常に難しいと言わざるを得ません


ただ、福祉系の公的機関や民間団体への就職を希望する際にはセールスポイントの一つになるでしょう




今後は活躍の機会も増えていくかもしれませんが、現状では、手話通訳に従事している方の

7割から8割が専業ではないということも知っておいた方がいいと思います




以上のように、収入や安定という点では恵まれているとはいえないものの

社会貢献度はかなり高く、達成感や充実感、やりがいなどは得られる

関連ページ

「手話通訳士」の受験概要
「手話通訳士」の受験概要、受験資格が「受験日の属する年度末の時点で20歳以上であること」 受験の申込みに必要な書類の請求と提出は、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターに行います