保育士の資格所得、独学での成功率は?

保育士の資格所得、独学での成功率は?

保育士試験は、年に1回厚生労働省が実施する国家試験です。

筆記試験と実技試験が行われます 筆記試験の全科目に合格した後、実技試験を受験することができる方式です。


保育士の資格取得をするための対策として、
@保育士養成校を卒業して取得する方法と

A資格試験を受けて取得する方法があります。
保育士養成校には、4年制大学・短期大学・専門学校などがあり、

定められた単位を取得し、卒業することで同時に保育士としての国家資格も取得できます。


養成校は必要な単位を取得して卒業すれば、資格取得ができるところや

実際に保育園に行って研修を行うなどの実習が充実しており、実践的な知識や技術を身につけることができる点も魅力です。


また、同じく保育士を目指す仲間に出会うこともできるため、何かと心強いでしょう。

仲間ができるのは本当にいいです


卒業後の就職を学校がサポートしてくれることも少なくありません。

一方、独学で資格試験を受けて取得する場合は、自分のペースで勉強が進められるというメリットがあります。


それに、養成校での入学金や授業料がかからないため、資格取得のための費用を安く抑えることも可能です。


しかし、長期間勉強を続ける強い意志と継続性が必要になります。


保育士を目指す人の中の約80%は養成校に通っており、既に社会人だったり、経済的に学校に通えない人、

出産・育児を経験した主婦などが試験を受けている。


独学での合格率は11〜15%と低めですが、合格した科目はその年を含めた3年間有効になるので、

じっくり根気よく勉強できる人であれば取得可能でしょう。
保育士の資格取得には様々な科目の勉強が必要になるので、独学よりは学校に通った方が着実に資格を取得できます。 保育士の転職でおすすめは 保育ライフは人材派遣サービスではなく、求人の紹介サービスですね。体系別、目的別に選べますよ

関連ページ

保育士の資格と就職先
保育士は、1999年の児童福祉法の改正前までは、保母・保父と呼ばれていました。
私たちの世代は今でも「保母さん」です(笑)就職先は保育園の他にあるのでしょうか?