文書処理(ワープロ)能力検定はどこまで通用する?

文書処理(ワープロ)能力検定はどこまで通用する?

事務職を希望するなら必須の、ワープロによる文書処理とエクセルデータ入力処理

「Microsoft Office」能力技能です。

特に、ワープロ能力は、必要不可欠といえるでしょう。
ワープロ検定という言葉はほとんどの方がご存知でしょう。

いまどきワープロなんてみたことないけど、実はワープロ検定といってもいくつかの種類があります。

それぞれの種類で、主催している企業も異なります
テスト内容はもちろんのこと、難易度などもにも違いがあります。


例えば、単純にタイピングスピードのみを証明するための検定
文書処理能力やPC操作、国語力まで問われる検定もあります。より実践的ということなのでしょう


文書処理(ワープロ)能力検定は、後者に当たり、ワープロの操作能力だけでなく、

PC操作や技術知識、国語力、一般常識テストなどが含まれる検定です。


動かす能力と中身も問う
1級から4級まであり、商業系の学校では最低でも2級までの取得が必須になっています。



2000年あたりまでは、ワープロ検定の資格があれば、

特に事務系の仕事では就職に有利だといわれていました。


昨今では、資格などなくてもワープロ技能程度なら誰でもできるのが当たり前


そのため、文書処理能力検定の資格を持っているからといって、特に優遇されるということはありません。

だけど、まったくの素人ではどうしようもない1級を取得していれば、

それなりの努力は認められることが多い資格です
誰でもできるのが当たり前とはいっても、それを証明するものがあるか?


本人の申告だけによるものかでは、当然、証明があった方が有利なのは間違いないでしょう。



雇う方からすると、まったくの素人ではない、だからすこしで仕事も慣れてくれるだろうという読みがあります



関連ページ

ワープロ能力検定の概要
文書処理(ワープロ)能力検定は、1級から4級まであります