電気通信主任技術者は、どんな資格か?

電気通信主任技術者は、どんな資格か?

電気通信主任技術者は、どんな資格か?

電気・通信事業主がその技術や設備を維持するために、工事・維持・運用の監督として設置を義務付けられており、

その監督業務を行うために必要な国家資格です
資格取得のためには、電気通信システムの専門知識や法規に関する知識、専門能力が必要でしょう。


電気通信主任技術者の資格には、
「伝送交換主任技術者試験」

「線路主任技術者試験」
の二種類があります。



伝送交換主任技術者では、電気通信事業の用に供する伝送交換設備工事の資格を、

線路主任技術者では、電気通信事業の用に供する線路設備工事の資格を得ることができる。


電気通信事業では、特定の場合を除いて、各現場に一人ずつの電気通信主任技術者の設置が義務付けられています。

ですから、この資格を持っていれば、電気通信事業関係での就職が大変有利になるでしょう。


伝送交換主任技術者資格を持っていれば、インターネット通信事業や電話通信事業、

携帯電話通信事業に関連する企業への就職活動が有利になるはずです。


また、線路主任技術者資格を取得している場合には、線路設備やその付帯工事などを行う企業でのニーズが高まります。

具体的には、

・無線会社
・電話会社
・電気通信会社、
・電気設備工事会社
・情報通信会社
・警備会社
・ガス会社
・インターネットプロバイダー
・コンピューター関連業者など


への就職が有利


希望する就職先があるのなら、どちらの資格を取った方が有利になるのか・
調べてから取得した方がいいかもしれません

関連ページ

電気通信主任技術者の試験概要と独学対策
電気通信主任技術者の資格試験は、伝送交換主任技術者試験と線路主任技術者試験の二種類から、 どちらかを選択して受験します。 試験は毎年一月と七月の二回実施しています。その他詳しく見てゆきましょう