「電気工事士」はどんな資格?

「電気工事士」はどんな資格?

工事監督は、よく現場でみかけます
法律では、電気工事の際の事故や工事不備による災害を防止するために、電気工事の専門知識を持った人材を配置して

工事監督を行わなければならないと定められています。



その専門知識を持った人材として認められるのが、「電気工事士」という国家資格です。
国家資格というのは認知されてないみたいです。
工事の内容によっては、資格保持者でなければ工事が行えないようになっています。

電気工事の資格には、第一種と第二種があります。


第二種では一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事の資格、

第一種では第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場やビルなどの工事の資格を得ることができます。



第一種と第二種の資格によってできる内容には違いがありますが、基本的にはどちらも電気工事を行う企業の就職に有利な資格です。


簡単なところでは、一般住宅の電気工事を行う会社や建設会社、 また、大規模なイベント会場や施設の建築を行う企業や電力会社など、数多くの就職先があるでしょう。

就職難でも大丈夫な資格です
最近では、電気工事も行う家電販売店や工務店もありますから、そういった就職先からの需要もあります。


実際、昨今では、技術が進むと共に電気工事の幅や質がどんどん向上しており、

電気工事士の需要も増しているといえるでしょう。


例えば、光通信のケーブル敷設に付帯した電気工事など、昔ではありえなかった工事が新たに生まれています。


今後もさらに需要は増えると考えられています。

また、一種免許の取得には、実務経験が必要になるため、経験を摘みながら資格取得を目指すことになります。

関連ページ

電気工事士の資格を取るにはどうすればよいか?
電気工事士の資格には、二種類あります。第一種電気工事士 と第二種電気工事士を詳しく見てゆきましょう