電気工事士の資格を取るにはどうすればよいか?

電気工事士の資格を取るにはどうすればよいか?

電気工事士の資格には、二種類
それぞれ以下の取得条件があります。


:第一種電気工事士
:第二種電気工事士

第一種電気工事士




・第一種電気工事士試験合格者で、大学・高等専門学校電気工学科卒業者は3年以上、

それ以外は5年以上の実務経験

・電気主任技術者の免状交付受理後、5年以上の実務経験


第二種電気工事士


・第二種電気工事士試験に合格


・経済産業大臣認定の第二種電気工事士認定校の指定を受けた

指定教機関(専門学校・職業訓練学校などの養成施設)で必要な対象科目を修了





電気工事士の資格試験は、毎年一回行われます。

筆記試験技能試験に合格する必要があります。


あたりまえですが、二種よりも一種の方が、工事できる範囲が広い分、人材としての需要は増えるのです。


ただ、仕事量としては一般的な電気工事の方が圧倒的に多いです。

普通の生活で収入得るのであればここまでで事足りる


そのため、まずは、二種を取得して、行き詰まりを感じたり、必要性を感じてから

一種を取得するという方も少なくありません。



いずれにしても、一種の取得には、一定期間の実務経験が必要です。

昨今では、工事の形態や種類もどんどん多様化しつつあり、その専門性はますます広範囲に、

そして、奥深くなっており、新たに生まれる技術がどんどん取り入れられています。


このため、状況によっては電気工事士に関連する資格のあり方も、

もっと工事内容別に細分化されるなど、変わってくる可能性もあるでしょう。


一般的に、改定前に資格取得した場合には、その後もそれ以前と同様の工事資格を持てることが多いですから、

早めに取得しておいた方がいい資格の一つだといえます。


関連ページ

「電気工事士」はどんな資格?
法律では、電気工事の際の事故や工事不備による災害を防止するために、電気工事の専門知識を持った人材を配置して、 工事監督を行わなければならないと制定されています。 その専門知識を持った人材として認められるのが、「電気工事士」という国家資格