ITパスポートの受験概要 お役立ち情報

ITパスポートの受験概要 お役立ち情報

ITパスポートの受験概要としては、受験資格は特になく、願書を郵送する他にインターネットで申し込むこともできます

経営全般(ストラテジ系)35問

IT管理(マネジメント系)25問

IT技術(テクノロジ系)40問



の合計100問を165分で解答する試験です。



四者択一のマークシート方式
1000点満点中600点が合格基準ですが、各分野で満点の30%以上の得点を取らなくてはいけません


ITパスポート試験は比較的難易度の低い試験で合格率は50%前後です。



ITパスポート試験の対策としては試験範囲を正確に把握した上で

自分が苦手なところを重点的に学習するといい



独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターのサイトには

過去の試験問題と解答例が掲載されています



参考書を使って勉強したり過去問を繰り返し解いたりすることで

独学で合格することもできる試験


ただし、より効率よく勉強したい場合やしっかりと知識を身につけたいと思うのであれば

対策講座を設けている専門学校などに通ったり通信講座などを利用した方がいいです


また、現行は春と秋の年二回実施されているITパスポート試験ですが2011年11月からは全国100カ所以上の試験会場で

最低でも月一回、大都市では週一回以上のペースで実施されるようになります

その際は、受験者ごとに異なる問題が出題されるそうです。

関連ページ

ITパスポート
ITパスポートとは、2009年度に新しく設立された情報処理試験の1つです。 経済産業省が認定する国家資格でもあります。 以前は、初級シスアドという試験がありましたが、 それがITパスポートと同等レベルの試験だった
ITパスポート試験は、受験資格に制限無し
ITパスポート試験は、大卒以上の人のみ等の受験資格に制限はありません。 学歴に左右されない資格でみんな対等です。しっかり学べば怖いものはないのですが、脱落してしまう人も多いです。
ITパスポート試験は初歩的な資格
ITパスポート試験は、 独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施している 経済産業大臣認定の国家試験です。「初級システムアドミニストレータ試験」の後継試験とも言われています