ITパスポート試験は初歩的な資格

ITパスポート試験では初歩的な資格すぎ?

「ITパスポート試験」は、

独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施している

経済産業大臣認定の国家試験です



2009年から行われており「初級システムアドミニストレータ試験」の後継試験とも言われています
ただ、初級システムアドミニストレータ試験に比べると多少難易度が低い



ITに関する基礎知識と能力を持った人材だということを証明してくれる資格です

大学や大手企業、官公庁、地方自治体、特殊法人などで「ITパスポート試験」の取得を推奨していることもあります



ただ、文系の学生が就職活動をする際に基本的なITスキルを証明する分には役立つ資格ですが

IT関連企業への就職には全く役に立ちません




ITパスポート試験では初歩的な資格すぎてむしろその程度の知識とスキルしかないのかと思われてしまいかねない




IT関連企業への就職を考えるのであれば最低でも基本情報処理試験を取得した方がいいでしょう


ちなみに、全国約160の大学でITパスポート試験の資格取得者への入試優遇制度を設けています



それに、全国50以上の大学がITパスポート試験の資格を取得することで単位認定してくれるのです



ITパスポート試験だけでは就職の際のアピールポイントには弱いかもしれません


でも、現代では、IT技術を全く使っていない企業の方が珍しいくらいですから、

どんな業種に対してもプラスアルファのアピールにはなるでしょう。

関連ページ

ITパスポート
ITパスポートとは、2009年度に新しく設立された情報処理試験の1つです。 経済産業省が認定する国家資格でもあります。 以前は、初級シスアドという試験がありましたが、 それがITパスポートと同等レベルの試験だった
ITパスポート試験は、受験資格に制限無し
ITパスポート試験は、大卒以上の人のみ等の受験資格に制限はありません。 学歴に左右されない資格でみんな対等です。しっかり学べば怖いものはないのですが、脱落してしまう人も多いです。
ITパスポートの受験概要
ITパスポートの受験概要としては、経営全般(ストラテジ系)35問、 IT管理(マネジメント系)25問、 IT技術(テクノロジ系)40問 の合計100問を165分で解答する試験です。