ITパスポート試験は、受験資格に制限無し

ITパスポート試験は、受験資格に制限無し

ITパスポート試験は、受験資格に制限はありません。

学歴に左右されない資格はいいです

4月と10月のそれぞれ第三日曜日に試験があります。

申し込み期間は、4月の試験では1月中旬から一ヶ月間、10月の試験では7月中旬から一ヶ月間。



試験時間は165分です。半日かかります。
出題数は100問にも及びます。かなりの問題数です。



内訳



経営全般(ストラテジ系)に関する問題が35問


IT管理(マネジメント系)に関する問題が25問


IT技術(テクノロジ系)に関する問題が40問、




合計100問になります。




合格するには、満点の60%以上の点数を取り、かつ各分野別(ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系)の得点が、

それぞれ満点の30%以上の点数であることが条件

そのため、トータルの点数が良くても、各分野別の点数が平均的に取れていないと合格できません。




平均的に取らなければ試験に受からないのは資格全般にいえる、最近の傾向です



ただ、このITパスポート試験は、情報処理試験の中では初級の試験になりますから、合格率もかなり高い。



受験者数の半数以上の方が合格していることもあり、この資格を持っているからといって、

就職に有利だとか、収入がアップするとか、そういったメリットはあまりないでしょう。


英検で言うと3級程度?


初級の試験だけに、IT関連の職種に就く方にとっては、取って当たり前の資格と判断されてしまうようです。

とはいえ、さらなる上位資格を目指すためにも、まずは、初級の試験突破を目指して頑張りたいですね。

関連ページ

ITパスポート
ITパスポートとは、2009年度に新しく設立された情報処理試験の1つです。 経済産業省が認定する国家資格でもあります。 以前は、初級シスアドという試験がありましたが、 それがITパスポートと同等レベルの試験だった
ITパスポート試験は初歩的な資格
ITパスポート試験は、 独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施している 経済産業大臣認定の国家試験です。「初級システムアドミニストレータ試験」の後継試験とも言われています
ITパスポートの受験概要
ITパスポートの受験概要としては、経営全般(ストラテジ系)35問、 IT管理(マネジメント系)25問、 IT技術(テクノロジ系)40問 の合計100問を165分で解答する試験です。