確定申告の対象者

確定申告の対象者

確定申告なんて、金持ちがやるもの・・・確定申告をしない起業家なんてありえない・・・


世の中、知らないで損していることがいっぱいあるが、確定申告もその1つ
勤務先で年末調整をやってくれている普通のサラリーマンの人には必要ないことかもしれません。


でも、もしかしたら、あなたが気付いていないだけで、実は確定申告が必要なのかもしれません。


知らずに損してる人いっぱいいる>

確定申告を行わなければいけない人はまずは、個人事業主

一年間の売り上げから、仕入れなどに掛かった費用を差し引いた金額を

所得としてその金額に対して税金が掛かります。




次に、給与収入が2,000万円以上の人。



給与が年間2,000万円を超えていると、年末調整の対象外となるために、

個人で税金の計算を行わなければなりません。


一年間で二箇所以上の会社から給与を貰った人も確定申告が必要。


この場合、他の会社から源泉徴収票をもらって、一つの会社で年末調整を行ってもらうことも出来ます。




副業などで20万円以上の所得がある人も確定申告を行う必要。


給与以外に、アフィリエイトやオークション、投資などの副業の所得が20万円以上ある場合には確定申告しないと、

脱税になってしまいます。




他にも、年金を受給している人や退職して勤務先で年末調整を行っていない人、

退職金をもらった人などは確定申告が必要となるケースもあります。


また、一年間で医療費が10万円以上掛かった場合や災害が起こったり、寄付を行ったりした場合には

支払った税金が還付されるケースもあるのです。



確定申告は税金を支払うだけではありません。 場合によっては税金が還付される可能性もあります



関連ページ

確定申告に必要な書類は
確定申告に必要な書類はどのようなものがるのでしょうか?それぞれ見てゆきましょう
確定申告 始まる
起業独立をしたいとお考えのサラリーマンへ、副業比較、SOHO口コミ等さまざまな情報を発信してゆきます。起業家応援サイト
確定申告は税理士に頼むべし??
確定申告はある一定の金額がある場合は、税理士に頼むとよいです。ある一定の金額とは・・・
副業の確定申告
収入から必要経費(通信費など)を差し引いた所得が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません