パートタイマーとは

パートタイマーとは

この「パートタイマー」という言葉はよく使われますが、法令上の定義はありませんでした。

近年、パートタイマーは著しく増加するとともに、勤続年数の伸長、就業分野の拡大もみられてきました

今後の中長期的な人手不足の傾向等を考えますと、女性や高齢者が働きやすい就業形態である パートタイマー(短時間労働者)は、ますます重要であり、必要とされてきます。


パートタイム労働法が平成5年12月1日から施行されました。

短時間労働者とは

「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比し短い労働者」

とされています。


> 今後、どんどん法律的に守られるようになるみたいだけど、現状はそれほど重要視されてないみたい


関連ページ

派遣と請負の違いがわかりづらい
基準は、派遣先(仕事の発注主)の指揮命令下にあるかどうかが分かれ目なのだそうです