派遣と請負の違いがわかりづらい

派遣と請負の違いがわかりづらい

基準は、派遣先(仕事の発注主)の指揮命令下にあるかどうか?が分かれ目なのだそうです。
請負契約とは、民法で定められた契約の一つです

民法によると、当事者の一方がある仕事を完成させ、

その相手方が、仕事の結果に対して「報酬」を支払うことを約束する契約です。




この場合、仕事の発注者が請け負った人に対して仕事のやり方などを具体的に指示することはできません。


派遣労働者は派遣先から指揮命令を受けて働きますが、

請負会社の労働者は、依頼された仕事をする上で発注者から出退勤の時間を指定されたり、

指揮命令を受けたりすることはありません。



請負契約を結んでいるにも関わらず、発注者によって出退勤の時間や

作業方法の指示などが行われている場合は問題です。


本来であれば労働者派遣として規制を受けるべきものを、

見かけ請負、いわゆる「偽装請負」にあたるからです。

こういう場合は、ハローワークや自治体の労働相談窓口に相談したら解決できそうです

関連ページ

パートタイマーとは
「パートタイマー」という言葉はよく使われます。でもパートタイマーは法令上の定義はありませんでした。パートタイマーは著しく増加するとともに、 勤続年数の伸長、就業分野の拡大もみられてきて注目されています