女性の再就職

女性の再就職

女性といってもひとくくりにはできません

年齢他さまざまなケースを考えないといけません

女性の再就職については、いろんなケースが想定されます。
女性の場合、結婚や出産、子育てなどが絡んできますので、男性よりも再就職活動が大変かもしれません。

女性の再就職は、まずは年代や配偶者の有無、子供がいるかどうかによっても変わってくるでしょう。

結婚や妊娠を理由に離職してしまう女性が多いため、需要の高い資格を持っていたり、

即戦力になれるような実力がないと、再就職は難しくなりそうです。

大抵の場合、女性の再就職活動では、未婚であれば、「結婚の予定は?」ときかれ、

子供がいなければ、「出産の予定は?」などとプライベートなこともきかれます
面接の度に、精神的なストレスもたまってしまいがちですが、会社側としては仕方のない質問なので諦めるしかありません。

本当に子供を理由に会社にでなくなったりするケースが多いですから

これはある意味仕方のないことですが、でも仕事の上では関係ないです。

どうでもよい仕事でよいならパートでもOKということになるようです。



ちなみに、「結婚して、子供ができても仕事を続けたい」という返答は、

育児支援をしっかりしている会社でない限り、NGであることが多いようです。

子供がいると、残業や休日出勤ができなかったり、急な発熱や学校行事などで、

休まなければならないことも増えると想定されるためでしょう。

本音で答えてしまうと、再就職できないというのが、女性の再就職の現実です。

とはいえ、子供がいて、いざという時に面倒をみてくれる人がいないのに、

ウソをついて再就職しても、働き始めてから困ることになります。

せっかく再就職しても、託児所に支払う月謝だけで、収入のほとんどが消えてしまうというケースも多いようです。

女性の再就職は、実際に働くことまで考えないと、また再就職活動することになってしまうかもしれません。

ですから、やはり資格や技を持つことがすべての解決方法のような気がします

たとえば看護師であれば、すでにそのことが資格ですので仕事を選ばなければすぐに働けます


誰にも文句の言われないように資格を目指したいです

関連ページ

中高年の再就職
中高年の再就職は年収をそのままに据え置くので厳しいのかもしれません。情報を多角化して考えてみましょう。
再就職手当
再就職手当は失業したときにはありがたいものです。でももらうためにはいくつかの条件があります。 さらに条件に当てはまったとしても、 再就職した日の翌日から一ヶ月以内に 再就職手当をもらうための手続きを行わないと給付を受けることができません。その他情報満載でお届けします