再就職手当

再就職手当

こういう給付はお世話になり、再就職を勝ち取り、また社会に貢献してゆきましょう。

再就職手当とは、就職を促進するために給付される手当の一つです。
再就職手当をもらうためには、いくつかの条件があります。

さらに条件に当てはまったとしても、

再就職した日の翌日から一ヶ月以内に

再就職手当をもらうための手続きを行わないと給付を受けることができません。

ここがポイントです



再就職手当は、

基本手当を支給される残りの日数が所定給付日数の三分の一以上(かつ45日以上)

あることが給付資格の第一条件です


早めに再就職した分、支給しないで済んだ基本手当を

お祝い金代わりにまとめて払ってあげる!!

という趣旨のお金です。



基本手当をたっぷりもらった後で、

再就職して、再就職手当ももらうというわけにはいきません。

そんな都合がよいことはありませんね



再就職手当は、雇用保険の被保険者対象となるような就職
(一年以上の継続雇用が確実な就職のみ)

をする場合の他、

自分で雇用保険の被保険者を雇用するような

事業を始める場合にも給付されます。



待機期間が過ぎた後でなければ

再就職手当の給付対象にならなかったり、

待機期間が過ぎてからも一ヶ月間は

ハローワークが紹介した会社に就職した場合のみ、

再就職手当が給付されるなどの条件があるので、注意が必要です。

他にもいろいろ満たさなければならない条件があるので、

自分が再就職手当の対象になるかどうかは、

ハローワークに問い合わせてみてください。

これが一番わかるし、確実です。



再就職手当の対象にならなくても、

就職手当の対象になるかもしれませんから、

面倒でもきいてみた方がいいと思います。


もらうものはもらう。そして活用する。

このスタンスでいきましょう。


もらい損ねる人はいませんか??

関連ページ

中高年の再就職
中高年の再就職は年収をそのままに据え置くので厳しいのかもしれません。情報を多角化して考えてみましょう。
女性の再就職
女性の場合、結婚や出産、子育てなどが絡んできますので、男性よりも再就職活動が大変かもしれませんね。 女性の再就職は、まずは年代や配偶者の有無、子供がいるかどうかによっても変わってくるでしょう。