労働基準法における解雇についての考察

労働基準法における解雇についての考察

労働基準法における解雇については、

大きく分けると三種類あります。



・労働基準法十八条のニで定められている「普通解雇」 ・重大な服務規程違反に対する懲罰的な「懲戒解雇」 ・リストラとも呼ばれる「整理解雇」


以上3点に分けられます

いずれも雇用者が労働者を解雇する時には、正当な理由が必要になります。

事業主の個人的な感情が入ってはいけません

解雇理由が正当なものではなかったり、解雇手続きがきちんと行われていない場合は、

解雇を無効にできる可能性があるでしょう。


労働基準法は、労働者を保護するための法律なので、雇用者が解雇権を濫用できないように、

いろいろな条件が定められています。


労働者にとってはなんとありがたいことか・・・




例えば
、「普通解雇」
の場合は、

解雇理由が就業規則に記載されている必要があり、

もし、就業規則そのものがない時には解雇自体ができない可能性が高い。


パートやアルバイトなどにも労働基準法は適用されるので、

雇用者側の都合で簡単に解雇されるなんて、

あってはならないのです。



「整理解雇」
の場合も、

整理解雇の4要件を満たしている必要があります。




整理解雇の4要件


・経営が苦しくて「人員整理の必要がある」
・解雇以外に方法はないという「解雇の必要性」
・公正に解雇する人を選んだという「人選基準の合理性」
・本人や労働組合などと協議を行ったという
          「全員への統一的な解雇の説明協議」




これらを満たしていなければ、整理解雇は無効とされる可能性が高いようです



懲戒解雇は、大抵は即時解雇で、解雇手当も退職金も支払われない分、

手続きや当てはまらなければならない条件も厳しいのです
これで辞めさせられる人はかなりの「ワル」を働かしたのではないか??

と考えてしまいます


自分に非がある場合でも、懲戒解雇が相当かどうか?>
弁明の機会が与えられたかなど、よく確認してください。


でないと、次の就職に厳しいレッテルを貼られたのも同然になります

関連ページ

「会社都合退職」と「解雇」の違いは
会社都合退職と解雇の違いは、実はあまり明確にはなっていないです。 懲戒解雇などを除いては、 会社都合退職も解雇も、労働者側に非がなく、 労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。
解雇理由で多いものとしては・・・
解雇理由で多いものとして、多いものはなんでしょうか?意外と多いのはこんなものでした
パートの解雇の具体例
パートの解雇の具体例は改装中等のタイミングでくびになるケースがあるようです。労働基準局に訴えよう
仕事のミスを請求されたら?
仕事のミスを請求されたら?仕事上のミスは本人の余程の過失がなければ、業務で想定される出来事として会社側の損失として処理されるべきです
懲戒解雇された時の対処について
懲戒解雇された時の対処については、いろんな場面が想定されます。 まず、その懲戒解雇が正当なものかを確認してみるといいとおもいます。 第3者に意見を問うことがよいと思います。
解雇予告手当をもらっておこう
解雇予告手当とは、 30日以上前に解雇予告がされずに 解雇された場合に支払われる手当のことです。知らない人も多いです
解雇通知書とは
解雇通知書とは、会社が本人に通知するための書類です。言った言わない、聞いた、聞いてないを無くすために書面で用意します。