「会社都合退職」と「解雇」の違いは

「会社都合退職」と「解雇」の違いは

会社都合退職と解雇の違いは、

非常にあいまいです。


懲戒解雇などを除いては、

会社都合退職も解雇も、労働者側に非がなく、

労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。

例えば、業績不振による人員整理や、倒産などです。

これは社会情勢によっては仕方ないのでは?とも感じてしまいます。
ただ、解雇というよりも会社都合退職という方がお互いにとって言葉の響きが軽くなるので、
慣例用語として「会社都合退職」という言葉が使われています。


確かに解雇は端から聞いてると、懲戒免職のような、何か悪いことして??

辞めさせられたように感じてしまいます。


ちなみに、強引な退職勧告やいじめ、セクハラ、親族の死亡、結婚や出産などの家庭事情も、
会社都合退職の正当な理由になります。

これは納得です


会社都合退職や解雇の方が、
失業保険の給付を受ける上では非常に有利になります。

退職したい理由が会社都合退職に当てはまらないか??

確認してみるのもいいかもしれません。


でも、明らかに会社都合退職のケースでも、

その証拠を明確にできないと認められない可能性もあります
特に、いじめやセクハラなどは立証が難しいため、注意が必要です。


雇用者側にとっては、労働者に「自己都合退職」してもらう方がなにかと都合がいいのです。
> 「解雇より自己都合退職の方が再就職の時の印象がいいから」などといって、

労働者側から退職届を提出させようとすることも多いようです。




会社都合退職も解雇も、労働者側が退職届を書く必要はありません。


逆に退職届を書いてしまうと、自己都合退職として処理されてしまう恐れがあるので、

書かない方がいいでしょう。

関連ページ

解雇理由で多いものとしては・・・
解雇理由で多いものとして、多いものはなんでしょうか?意外と多いのはこんなものでした
パートの解雇の具体例
パートの解雇の具体例は改装中等のタイミングでくびになるケースがあるようです。労働基準局に訴えよう
仕事のミスを請求されたら?
仕事のミスを請求されたら?仕事上のミスは本人の余程の過失がなければ、業務で想定される出来事として会社側の損失として処理されるべきです
労働基準法における解雇についての考察
労働基準法における解雇についての考察 普通解雇と、整理解雇があることを押さえよう
懲戒解雇された時の対処について
懲戒解雇された時の対処については、いろんな場面が想定されます。 まず、その懲戒解雇が正当なものかを確認してみるといいとおもいます。 第3者に意見を問うことがよいと思います。
解雇予告手当をもらっておこう
解雇予告手当とは、 30日以上前に解雇予告がされずに 解雇された場合に支払われる手当のことです。知らない人も多いです
解雇通知書とは
解雇通知書とは、会社が本人に通知するための書類です。言った言わない、聞いた、聞いてないを無くすために書面で用意します。