解雇通知書とは

解雇通知書とは

解雇通知書とは、

雇用者が労働者に解雇することを通知する書類のことです。

解雇する30日以上前に通知する必要があり、郵送の場合は、「配達証明付内容証明郵便」で送るのが適切だと思われます。

解雇通知書とは、それほど重要な書類なのです。
通常このような場面には遭遇しませんが、なったら大変です


解雇通知書には、

解雇される日付、解雇理由などが記載されます。


解雇理由が就業規則に記載されていなければ、

不当な解雇となるでしょう。

解雇通知書を受け取ったからといって、

解雇を承諾したことにはなりません。



解雇理由の正当性を確認するためにも、解雇通知書を受け取るべきです。


また、明らかな解雇にもかかわらず、解雇通知書をもらえない場合は、

雇用者に解雇通知書を請求する必要があります。


解雇通知書があれば、失業保険の給付制限がない上に、支給日数が増えるかもしれません。

後々、何かトラブルがあった時に、解雇されたことを証明することもできます。

雇用者側にとっては、解雇通知書を出すと、助成金を受けられなかったり、

正当な解雇だったか経緯を問われる可能性もあり、出したがらないこともあるようです。


でも、雇用者側の都合で解雇されたのなら、

「退職証明書」ではなく、「解雇通知書」をもらうべきでしょう。


ここでもらわないとそのあとの処遇が全然違います。必ずもらうべきです



労働者側から解雇通知書を請求すれば、雇用者側は解雇通知書を出さなければいけません。

これは労働基準法で義務づけられていることです。

どうしても解雇通知書を出してくれない時には、

内容証明郵便で請求するといいでしょう。

<

関連ページ

「会社都合退職」と「解雇」の違いは
会社都合退職と解雇の違いは、実はあまり明確にはなっていないです。 懲戒解雇などを除いては、 会社都合退職も解雇も、労働者側に非がなく、 労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。
解雇理由で多いものとしては・・・
解雇理由で多いものとして、多いものはなんでしょうか?意外と多いのはこんなものでした
パートの解雇の具体例
パートの解雇の具体例は改装中等のタイミングでくびになるケースがあるようです。労働基準局に訴えよう
仕事のミスを請求されたら?
仕事のミスを請求されたら?仕事上のミスは本人の余程の過失がなければ、業務で想定される出来事として会社側の損失として処理されるべきです
労働基準法における解雇についての考察
労働基準法における解雇についての考察 普通解雇と、整理解雇があることを押さえよう
懲戒解雇された時の対処について
懲戒解雇された時の対処については、いろんな場面が想定されます。 まず、その懲戒解雇が正当なものかを確認してみるといいとおもいます。 第3者に意見を問うことがよいと思います。
解雇予告手当をもらっておこう
解雇予告手当とは、 30日以上前に解雇予告がされずに 解雇された場合に支払われる手当のことです。知らない人も多いです