懲戒解雇された時の対処について

懲戒解雇された時の対処について

懲戒解雇された時の対処については、いろんな場面が想定されますが、

まず、その懲戒解雇が正当なものかを確認してみるといい

第3者に意見を問うことがよいと思います。
懲戒解雇は、懲戒処分としては、最も重いものです。

通常であれば、退職金も支払われません。<br>
会社が懲戒解雇をするためには、会社の就業規則に懲戒規定が記載されている必要があります。

その会社の就業規定に定められていない理由での懲戒解雇処分は、懲戒権の乱用になるのです。

そしてそういう会社が逆に問題のある企業のレッテルを張られてしまいます。


もちろん、就業規定に定められていない理由での懲戒解雇は不当なので、無効になります。

懲戒解雇されてしまったら、なぜ懲戒解雇されたのか明確な理由を確認したうえで、

その理由による懲戒解雇が不当なものでないか?
就業規則の懲戒規定を確認してみてください。

個人的には、たとえ個人が悪いようなことであっても会社の管理責任を問われて、会社側の責任になることが多いと思います



懲戒解雇されても仕方ない理由が自分にあったのだとしても、会社が即時解雇するためには、

労働基準監督署の認定を受ける必要があります。

認定を受けていない場合は、通常の解雇と同様、

解雇の予告や解雇予定手当の支払いが必要になるでしょう。



懲戒解雇されてしまえば、次の就職先をみつけるのに、とても苦労します。

横領や不正、重大な過失などが理由でなければ、懲戒解雇されないからです。

だからといって、懲戒解雇されたことを隠して、

履歴書に一身上の都合で辞めたと書けば、

経歴詐称になり、それを理由に懲戒解雇されてしまいかねません。

もし、懲戒解雇されても仕方ないような理由があったとしても、できれば、懲戒解雇ではなく、
普通解雇か自己都合による退職にしてもらえないか?
会社とよく話し合った方がよさそうです。



ここまでやってもダメなら仕方無いです





関連ページ

「会社都合退職」と「解雇」の違いは
会社都合退職と解雇の違いは、実はあまり明確にはなっていないです。 懲戒解雇などを除いては、 会社都合退職も解雇も、労働者側に非がなく、 労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。
解雇理由で多いものとしては・・・
解雇理由で多いものとして、多いものはなんでしょうか?意外と多いのはこんなものでした
パートの解雇の具体例
パートの解雇の具体例は改装中等のタイミングでくびになるケースがあるようです。労働基準局に訴えよう
仕事のミスを請求されたら?
仕事のミスを請求されたら?仕事上のミスは本人の余程の過失がなければ、業務で想定される出来事として会社側の損失として処理されるべきです
労働基準法における解雇についての考察
労働基準法における解雇についての考察 普通解雇と、整理解雇があることを押さえよう
解雇予告手当をもらっておこう
解雇予告手当とは、 30日以上前に解雇予告がされずに 解雇された場合に支払われる手当のことです。知らない人も多いです
解雇通知書とは
解雇通知書とは、会社が本人に通知するための書類です。言った言わない、聞いた、聞いてないを無くすために書面で用意します。